天然の壁土

工藤武範(くどうたけのり)大分市出身のクレイアーティスト。
一級建築士として「人と地球が共存する家造り」をテーマに「建築」と「お施主」とに向き合う事400棟以上。
2008年に内装用塗り壁材であるアメリカンクレイと出会い、様々な鉱石から作りだすアースカラーな色合いは柔らかく、
練り残した土も何度でも再生利用できるアメリカンクレイの可能性に引かれ描写画、ステンシル画、写真やポスターから
原画を起こす壁画を描く

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •